ブログをGKEへ移行

Jan 31, 2019 21:54 · 768 words · 2 minute read

つい先日はてなからGitHub Pagesへブログを移行したばかりだが、現在はこのブログをGitHub PagesからGKEへ移行して運用している。
Github Pages + Hugoへ移行

GKEへ移行した理由は単にkubernetesを触ってみたかったからである。
なので、なぜGKEにしたかというところにはあまりこだわりはなく、単にkubernetes上でアプリケーションを運用する練習をしたかったのと、練習なので安価に運用したかったので、それが満たせれば何でもよかった。

ブログの構成自体としては、Hugoで生成した静的ファイルをnginxで返すコンテナを作成して、これをGKE上で動かしている。コンテナ作成からGKEでのクラスタ構築・デプロイに関して、基本的な手順はGKEのドキュメントが参考にした。
また、HTTPS化のためにcert-managerを使用している。GKEでのcert-managerのインストールにはahmetb/gke-letsencryptのチュートリアルがわかりやすかった。

感想

当然だが、ただのブログをGKEで運用するのはやりすぎだ。単にブログをやりたいだけならGitHub Pagesで十分すぎる。また、GCPの300$/yearクーポンがなくなるとコストもかかる。

一方で、Kubernetesの勉強として、参考ブログもそれなりにあるため静的ファイル配信は題材としてよかったと思う。また、自分用の技術を試す場としてブログを使えるようになったのはよかった。

クラウドネイティブやっていく、というのを2019年の目標としているので、このブログをうまく使って関連技術のキャッチアップをしていきたい。

参考